ストレスと上手に付き合おう

現代はストレス社会と呼ばれる事もある程、ストレスを溜め込みやすい環境にあると言われています。人間関係や労働環境、生活の不規則化など様々なストレスを溜める要因が多い時代、ストレスと上手に付き合っていく事が大切です。

万病の元と言われているストレス

人は極度の緊張状態に陥った時に、心臓の鼓動が速くなり、顔が火照り、手のひらや足の裏が汗ばんできます。これは、緊張状態を「命の危機」と感じとった脳が血液の流れを速め、酸素と栄養素を素早く供給し、何が起きてもすぐに対処できる体制を整えるため、起こる身体の反応だと言われています。

緊張状態が解ければ身体の状態も徐々に落ち着きますが「また緊張状態に陥るのでは?」と、不安な気持ちが残る事で緊張状態が完全には解けないケースがあります。緊張状態は、無理に対処できる体制にする事から、身体への負担が大きくなっています。そのため、緊張状態が解けなければそれは身体へのストレスとなり、様々な要因を引き起こしてしまうのです。

ストレスとの向き合い方

ストレスは生活習慣病などを引き起こし、辛い思いをする事が多いためマイナスのイメージが強いですが、ストレスは人を成長させるために大切なものでもあります。仕事や勉強などでプレッシャーを感じる方は多いと思いますが、それを乗り越えた時の達成感や充実感はかけがえのないものです。

運動という負荷が筋肉に働く事で、身体が鍛えられて丈夫になるように、プレッシャーも人として心を強くするために必要です。ストレスを避ける事をすすめる方もいますが、ストレスのない完璧な環境は存在していませんので、上手に向き合うために発想の転換をするのも一つの方法です。

自宅でリラックスするおすすめの方法

発想の転換で頑張った後は、しっかりとリラックスする必要があります。自宅で気軽にできるリラックス方法でおすすめなのが、お風呂です。1日の汚れを落とすだけでなく、肉体的にも精神的にもリラックスできるお風呂は疲れた身体に最適です。

ただし、高温の浴槽に長い時間浸かると交感神経が働き、血管が収縮し血圧が上昇すると言われているので、身体への負担が大きくなるので注意が必要です。36度前後のぬるま湯なら副交感神経が刺激され、リラックス状態を作る事ができますので、ストレスが溜まっていると感じている方は、ぬるま湯にゆっくりと浸かってみてください。