放射能泉について

温泉には様々な効能や泉質があり、多くの方々が利用しています。温泉の知識を知っておくと、より健康的な入浴を楽しむ事ができます。数ある温泉の種類の中から、放射能泉について紹介します。

放射能泉とは?

放射能泉とは、ラジュム温泉・ラドン温泉と呼ばれる物です。ラジュム(α線)が水に触れ崩壊して出来るガス状の物がラドンです。ラジュムの放射線(α線)は、皮膚を通過しにくいため、呼吸によって体内に取り込まれます。呼吸により肺から血液中に吸収され、全身の細胞内に至ります。

≫ 「ラドンの定義(ラドン温泉法)」
温泉水1Lに含まれるラドンが74Bq(ベクレル)以上の場合、ラドン温泉に該当します。温泉水1Lに含まれるラドンが111Bq(ベクレル)以上の場合は、薬泉に該当します。

当社の「ラドンにゅ~よ~く」は、1L当たり380Bq(ベクレル)のラドンが確認されています。

安心して楽しめる放射能泉

放射能と聞くと、身体に良くないというイメージが強いかと思いますが、微量の放射線は身体の健康づくりに役立ってくれます。

また、温泉中に含まれるラドンは常温だと気体になり、地上に湧出した後は大気にふれて散ってしまいます。

大気にふれて散った後のラドンは、ごく微量なので放射能を心配する事なく、イオンなどを取り入れる事が可能です。

ラドンを体内に取り入れる事で健康に良いとされていて、吸入による浴場も見かけます。

医療で取り入れられている放射能泉

静水圧作用によってマッサージと同様の心地良さを感じます。
放射能泉は、様々な分野で注目されています。その1つが医療分野です。医療分野では、ラドン吸入療法として活用されていて、湯治としての研究が進められています。また、研究所からもラジウム温泉を発生する機器としての製造に取り組んでいます。研究によって製造されたラジウム温泉の発生器を、多くの方々に楽しんでいただけるように世に送り出しています。

ラジウム温泉の発生器のご購入をお考えであれば当社をご利用ください。当社では特許を取得した「ラドン・にゅ~よ~く」などを販売しており、通販にてお求めいただけます。手頃なサイズとなっておりますので、ご自宅でもラジウム温泉を楽しんでいただけます。

お風呂には上記のような魅力的な点があり、温泉の雰囲気が楽しめる健康機器を使うと充実感を得る事ができます。
温泉には様々な効能があり、湯治としても医療の分野でも活躍しています。人気のある温泉の1つが、ラドン温泉です。
ラドンを体内に取り入れる事で健康的かつ快適なバスタイムを楽しんでいただけます。

ラドン温泉をご自宅で楽しみたいという方は、当社で取り扱っている陶板温浴器をご利用ください。

こちらの陶板温浴器は、どのような浴槽でもご使用いただけるラドン発生器です。

通販にてお求めいただけますので、ラドン温泉に興味がある方はぜひお試しください。