お風呂が持つ魅力的な点

一日の疲れを癒す時間であるお風呂は、魅力的な点があります。

温まる事で疲れが取れる温熱作用

お風呂が持つ魅力的な点の1つが、温熱作用によって温まって疲れが取れる事です。
身体が温まる事で、皮膚の毛細血管や皮下の血管が広がり、血液の流れを良くします。
血液の流れが良くなると、体内に溜まった老廃物や疲労物質の排出をサポートし、
筋肉のコリがほぐれやすくなります。

また、お風呂の温度によって効果もことなります。
約39℃以下のぬるま湯の場合、筋肉を弛緩させることによって、落ち着いた気分になります。
安らぎを感じたい時には低温のぬるま湯でお風呂に入るのがおすすめです。

約42℃以上の熱めのお湯の場合、新陳代謝を高めてくれるので、眠気が取れて活動的になります。
眠気を取りたい時には少し熱めの温度をお試しください。

浮力作用によってリラックスする

お風呂に浸かると、浮力作用によってリラックスする事ができます。
リラックス感を得る事ができるのは、浮力が大きく関係しているからです。
お湯に入ると浮力が働き、湯船の底に身体が沈んでいても少し浮いています。
水中では地上と比べて体重が約9分の1の重さになり、身体を支えていた筋肉の緊張をほぐしてくれます。

それだけでなく、足腰の負担も軽減されます。
浮力によって見えない身体の負担を軽減することで、心身ともにリラックスできます。

マッサージ代わりになる静水圧作用

静水圧作用によってマッサージと同様の心地良さを感じます。
腹部に水圧が加わる事で、横隔膜が上に押し上げられて肺の容量を減少させるため、
空気を補うために呼吸の回数が増えます。

それによって心肺機能が高まり、下半身に溜まった血液が戻ってくるため、血の巡りを良くするのです。

それだけでなく、全身にかかった圧力は足に溜まったリンパや血液も押し戻されるため、手でマッサージする事なく全身の血行がよくなり、むくみ解消にも繋がります。また、水中で身体を動かすと抵抗がかかり、筋力を維持する事もできます。足を上げてお尻だけで座ったり、お腹をふくらませたりへこませたりするなどの簡単なエクササイズも実践してみてください。

お風呂には上記のような魅力的な点があり、温泉の雰囲気が楽しめる健康機器を使うと充実感を得る事ができます。
温泉には様々な効能があり、湯治としても医療の分野でも活躍しています。人気のある温泉の1つが、ラドン温泉です。
ラドンを体内に取り入れる事で健康的かつ快適なバスタイムを楽しんでいただけます。

ラドン温泉をご自宅で楽しみたいという方は、当社で取り扱っている陶板温浴器をご利用ください。

こちらの陶板温浴器は、どのような浴槽でもご使用いただけるラドン発生器です。

通販にてお求めいただけますので、ラドン温泉に興味がある方はぜひお試しください。