体温と健康の関係

1度しかない人生を誰もが健康で過ごしたいと願っています。日頃から体調を崩さないように適度な運動を続けたり、栄養バランスを考えた食生活など、様々な事に取り組んでいらっしゃる方も多いと思います。
健康には体温も関係が深いため、体温に注目する事で健康につながるヒントを発見できます。

人間の体は寒さに弱い

人間の体温は平均36.5度であり、それを保つ事で体内のSOD酵素(スーパーオキシドジスムターゼ)の働きや血液の流れが理想的になります。

もし体温が36度よりも低くなってしまうと体内のSOD酵素(スーパーオキシドジスムターゼ)の働きや血流が影響を受け、30度以下になると生命に危険が及んでしまいます。人間の体には、暑さに耐えられるように汗をかいて体温を調節する機能が備わっています。

そのため、体内の熱を発散して健康に影響が及ばないように自力で対処できます。しかし、動物が寒さから身を守るために蓄えている毛は人間にはありません。人が寒さに負けないためには、適切な方法で体温を上げ、その体温が逃げないように保つ必要があるのです。

体を芯から温める事が重要

体温の変化は、酵素の働きや血流だけではなく免疫力にも影響します。しかし体温の保存は元々備わっていない機能であるため、他の要素によって体温を保つ工夫をする必要があります。日常生活で人が体温を温存するためには、まず服や布団などを活用します。重ねたり、熱を逃さない性質の素材を選ぶ事で体を温める事ができます。

また、ストーブやエアコンを使用して空間自体を暖める事もできます。さらに食べ物にもこだわる事で体の内側から体温を意識する事ができますし、運動によって代謝アップを目指す方法もあります。様々な方法がありますが、表面的・一時的に体を温めるだけでは完全とはいえません。体を芯から温める方法を取り入れる事で、揺るがない健康を目指す事が必要なのです。

当社ではラドン成分に注目し、ご家庭の風呂でも人気のラドン温泉同様の実感がある陶盤温浴器を販売しております。当社の陶板温浴器は浴槽内に入れておくだけで使用できますので、とても便利だと評判です。

当社では、陶板温浴器の使用方法や積み重ねてきた研究データもご紹介しておりますので、安心してご利用いただけます。ご家庭用としてだけではなく、健康を願う方へのギフトとしてもおすすめです。
通販で健康グッズをお探しの方は、ぜひ当社の陶板温浴器をお選びください。