製品案内

ホームページにアクセス頂き有難うございます。今後とも宜しくおねがいします。

この「ラドン・にゅ~よ~く」は出来るだけ鳥取県の三朝温泉に近付ける様に思いを込めて鉱物をブレンドし焼き上げた陶盤温浴器です。

★ラドンとは

ラドンとは、ラジウム元素より放出され、ラジウムが崩壊して出来た元素で常温では、ガス体である。ラドンはほとんど化合物を作らない安定希活性気体である。

ラドン温水は、地下水がラジウム元素の豊富な鉱物を通過するラドンの気体元素を溶かし込んで地表に湧出したものであり、ここで云う「ラジウム元素の豊富な鉱物」とは、レアアース(希土類鉱物)である。

地球上の一部において自然に産出する物である。

「ラドンにゅ~よ~く」の原料中にあるイオン生成源となるのは、ラドン元素を豊富に含有するレアアース(希土類鉱物)の精製である。

ラジウム放射線(α線)は水に効率よく吸収され放射のエネルギーは水のイオン化と、それから生成等に費やされて崩壊します。

つまり放射線の害は無くなります。

イオン化の平衝値に達する時間は、すこぶる短く例えば浴槽の中の水(湯)は多量であるからイオンの生成総量も多大となります。

何よりも湯水自体が「柔らかく」感じると云う事例の一つの理由と考えます。

さらに水を分解してイオン、ラジカル分子加工物を作ります。

生成されたイオン、ラジカル等の作用としては、菌類や着色そして異臭の原因となっている有機物質をラジカルや分子加工物の酸化、還元力を利用して分解するほか消毒に伴う塩素化合物の分解を行います。

この様に反応時に消費されたイオン、ラジカル等は「ラドンにゅ~よ~く」が共存する限り次の一億分の一秒後には、 同数の新しいイオン、ラジカル等が生成して平衝に達し以降、消費~生成を繰り返していきます。

★ラドンの効果は

ラドン(α線)は皮膚を通すことが難しく呼吸によって体内に取り入れられ肺から血液を通して全身の細胞に刺激を与えます。

体内に入ったラドンは新陳代謝を促進し免疫力や自然治癒力を高め、そして温泉の温熱効果も加わり、さらに効果を高めます。

これが「放射線のホルミシス効果」と言います。

ラドンは抗酸化作用が高く活性酸素の働きを抑え老化やさまざまな生活習慣病への効果も期待でき動脈硬化の予防にも期待ができ最近ではこのメカニズムが解明されてきています。 テレビ番組にも取り上げられて全国的な注目度も高まっています。

又、岡山大大学院保険学研究科の山岡教授らのグループの発表によるとラドン温泉で有名な三朝温泉の住民は「ガン」の死亡率は、全国平均の二分の一と云われて「胃ガン」「肺ガン」「大腸ガン」が少ないと発表されています。

又、平成25年1月29日の山陽新聞で山岡教授らの発表によると呼吸による効果で呼吸器疾患をはじめ肝障害、糖尿病など一定の効果を科学的に実証し効果的な治療に生かすとも書かれています。

ロシア、東欧、オーストラリアでラドン水の飲用やラドンの吸入が医療として実際に使われています。

日本では三朝温泉は「不老長寿の湯」や「薬湯」と呼ばれ優れた効果は実証されています。

★三朝温泉の効能

慢性リュウマチ、神経通、痛風、高血圧症、動脈硬化、糖尿病、気管支ぜんそく、消化器系疾患、肝臓疾患、胆道疾患、肩こり、腰痛、冷え性、疲労回復、筋委縮性パーキンソン、アトピー、各種アレルギー、認知症、アルツハイマー、等

私たちの「ラドンにゅ~よ~く」も安全を確認しながら作り上げ、ご家庭のお風呂がラドン温泉の湯治場として健康に繋がればと思い心を込めて作りました。

★活性酸素

病原菌から人体を守るために必要なものですが、それが多くなりすぎると 自らの細胞(人体)にダメージを与える。

★活性酸素のバランスを取っているのがSOD(スーパー オキシドジスムターゼ)です。

SODは歳をとるに従い減少するため、活性酸素が増えます。

多くなりすぎた活性酸素によって一つの細胞が酸化すると、 その細胞は次々に周りの細胞を酸化させて病気が始まります。

病気になると言う事は細胞から電子を奪い取ってしまうので電子を 豊富に持ったマイナスイオンから敢えて電子を奪い取らせる事により 活性酸素の人体組織への攻撃を抑える事ができる。

★自然界で最も強くマイナスイオンを放射するのがラジウムであり、それと同じマイナスイオンを放射するのが【イオミックスパウダー(特許第3085182号)】であります。

★遠赤外線の効果

遠赤外線は、水に始まり、水に終わると言われるほど全て水に反応します。

人間の体は70%「水」です。人間をはじめ、水を細胞内にたたえている生物、 植物園は全て、古来より遠赤外線の恩恵を受けて来たのです。

遠赤外線とは別名「生育光線」と言われ生物に吸収されやすく、進達力に優れ皮下脂肪や細胞、毛細血管に働きかけ生理活性作用や成長促進作用などがあります。

★特殊セラミック(遠赤外線放射体)

常温下での遠赤外線効果は僅かであるため、本発明は常温下でも遠赤外線をより多く放射する事できる事を目的にしたものです。
モナザイトの放射性物質を放射線原材料としてセラミック遠赤外線放射材料の粉末に混合し、
焼成して複合化する事によって解決されました。

★三朝温泉での研究と成果の一例・・・

大阪大学・国立がんセンター・長崎大学・東北大学・奈良医大・岡山大学・大阪府立大学・東京大学

1)住民調査で、がん死亡が明らかに少ない事が示されました。

2)不老長寿の効果 3要素
    ☆脳細胞透過性の上昇
    ☆老化を防ぐSOD酵素の増加
    ☆細胞の酸化で生じる細胞膜過酸化脂質の減少

3)活性酸素によって局部の細胞が酸化消減するため、発生する次の病気の進行を阻止し、快復させます。
    糖尿病・C型肝炎・筋委縮症・パーキンソン・リウマチ・アトピー
    各種アレルギー・老人性痴呆症(認知症)・アルツハイマー等

4)細胞膜の若返り
    細胞から過酸化脂質が除去され、細胞膜透過性の上昇という細胞若返りが生じる事による各臓器のほか、 脳神経機能が若返ります。

★米国の医学、生物学の専門家の働きかけにより世界中でこの機能研究が開始されています。

★「ラドン陶盤温浴器」ご購入に付いての「まめ知識」

日本の温泉法では、1L(リットル)当たり74 Bq(ベクレル)以上のラドン量を含む温泉を泉を「放射能泉」と定義しています。これが「ラドン温泉」です。

国民生活センターの調べによると

「お風呂に入れるだけでラドン・ラジュム温泉になる」とうたった商品の苦情が多く10銘柄を購入しテストをした結果、10銘柄ともラドンは、1L(リットル)当たり1Bq(ベクレル)も出ていないと発表しています。

当社の「ラドン陶盤温浴器」は、ROHS/ELV-X線法(SHIMADZU)でのテストの結果1L(リットル)当たり370 Bq(ベクレル)のラドン量を確認しております。